零~魂喰(コンジキ)の刃~

零シリーズのオリジナル小説や、個人的趣味のオリジナル小説を書いてます。 更新不定期ですが、気になったら読んでくれると嬉しいです。 感想やコメントもお待ちしてますm(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神薙-KANNNAGI-17

「…今日から、このクラスを担当する…神薙 悠(カンナギ ユウ)だ…」
突然現れた長身の男性の言葉に、教室中がどよめく。
梓は、さっき声を掛けてきた長身の男性が、自分のクラスの担任教師だった事に驚いた。
「オイ!いきなり来て、担任だ?んなもん、認められるかよ!」
短髪の青年が立ち上がり、声を上げる。
顔は非常に整っていて美男と言って差し支えないが、獰猛な野生の獣の様な荒々しさがあった。
梓は内心、苦手なタイプだなと思った。
「…じゃあ、どうする?…「0組」から別のクラスに編入するか?」
悠は相変わらずの無表情で、淡々と応じる。
「あ?…上等だ…てめぇが俺らの担任に相応しいか確かめてやるよ!」
言うや否や、短髪の青年の腕から雷の槍が放たれる。
ズドン!
誰もが息を飲んだ。
悠が右手を突き出し、片手で防いだのだ。
唖然とする一同を余所に、悠は何事もなかったかの様に淡々としている。
「…不思議か?…魔力で創り出した電撃が、魔力で相殺出来ない訳が無いだろう?…」
「ぶっ殺してやる!」
怒声を上げ、短髪の青年が殴りかかる。
しかし、悠は最低限の流れるような動きでかわし、後頭部に肘打ちを決めた。
「がはっ!」
青年が俯せに倒れた瞬間、何人かが動いた。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/13(水) 21:59:23|
  2. 第2部 C.E1093~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神薙-KANNNAGI-18 | ホーム | 呟き(日常6)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://majisuka1028.blog.fc2.com/tb.php/60-18b608de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。